彼女から「距離を置く」と言われた…!メールでの連絡はどの程度ならOK?

喧嘩したりマンネリ化している彼女から、「距離を置きたい」と言われたあなた。

でも距離を置くと言っても、本当に何も連絡せず、会わずだったらただの自然消滅ですよね。

メールくらいは入れるべき?と考えているあなたに、距離を置いている期間のメール頻度はどのくらいにすればいいかをご紹介します。

スポンサーリンク

多くても2週間に1回

恋愛において距離を置くという行為は、冷却期間みたいなものです。

お互いに冷静になったり、感情を抑えるための必要な時間といえます。

もともとの連絡頻度にもよりますが、毎日何回も連絡を取っている人にとっては1日1回連絡がないものでも不安になります。

しかしそこを乗り越えてこそ、本当の冷却期間になります。

連絡をあまりしない男性も多いですので、連絡が来ないことに慣れている女性は1週間くらいでは冷静になる時間は少ないのかもしれません。

ですから最初は2週間くらい間を開けてもいいかもしれません。

2週間1回になったら、一か月に2回になりますので、少しずつ頭が冷えていく時間や考える時間も増えていくでしょう。

距離を置くということは、必要以上に連絡を控えたほうが良いです。

嫌な思い出を忘れるには1か月に1回

距離を置きたいような恋愛になってしまった場合、お互いのことをしっかり見つめなおしたり、嫌なことを忘れてしまうような時間が必要です。

しかし本当に連絡を取らないと、完全に距離ができてしまうし、連絡も次第にしにくくなります。

そしていつまでと仮にでも伝えない方が、お互いに真剣に考えるきっかけになるかもしれません。

今にでも連絡したくなるような気持ちを抑えながら、彼女にとって嫌なイメージが消え去るにはやはり1か月程度あると、時間が解決することもあります。

すぐにでも補修したい熱い気持ちを持っている人も多いですが、そこはグッと抑えて今後の付き合いについて前向きに考えましょう。

自分の気持ちを抑えることは大切です。

スポンサーリンク

誕生日などの記念日メールのみ

本来恋愛とは、お互いが納得する形で連絡を取り合ったり、さみしくならないような配慮をすべきものです。

しかし距離を置くという状態になった時は、その連絡がすでにうっとおしい状態です。

もう連絡するのが嫌だと思っている人もいるかもしれません。

そんな時に一方的にあなたが連絡を取っても、彼女は嫌がるばかりで気持ちは遠ざかる一方です。

こういったときは、普段の何気ないメールや挨拶のメールはとことん控えて、誕生日メールや記念日メールくらいまでに頻度を落とすといいかもしれません。

今まで二人が楽しく過ごせていたのなら、その日はメールを読んだことで楽しい思い出がよみがえることもあります。

女性が男性を良く思うきっかけとなります。

連絡があるまで連絡しない

恋愛において距離を置くという状態になった時、理由にもよりますが、恋愛としては良くない状態といえます。

良い状態でしたら、距離を置くという行為をしようということにはなりません。

ですからあなたに対して何かしら嫌な感情を持っていることが多いです。

この場合、彼女の記憶から自分のことを消し去っていくという時間が必要になってきます。

今まで幾度となくケンカをしてきてその度に治すと言ってきたのに、治ってきていないなど相手に幻滅していることがあります。

そんな人からまた、悪いところは治すから、などど連絡をもらってもうれしくはないでしょう。

ですから、彼女が本当に連絡をしたくなるまで放置を言う可能性にかけてみます。

その間あなたは悪いところを完全に治す努力をしていることが大切です。

メールくらいなら…という気持ちはNG!

メールくらいはしてもいいだろ!と思うかもしれませんが、そこはぐっとこらえてください。

距離を置きたいと言われたということは、もしかすると彼女はあなたの短所が嫌になって別れを迷っているのかもしれません。

彼女の決断を信じて、できるだけメールも控えましょう。