距離を置くのは恋愛の大切なスパイス!メールはどのくらいの期間をあけるべき?

恋愛において「距離を置く」というのは、実はとても大切なことだったりします。

離れたからこそ分かる、ということもあるかもしれません。

でも距離を置くと言っても、「メールだけはしようね」というカップルだっていますよね。

では、距離を置いている彼女とメールするのはどれくらいの頻度にすればいいのか、ご紹介します。

毎日のメールをやめて3日に1度

毎日、朝、昼、晩、3通以上のメールのやりとりをしていたら、お互い、あるいはどちらかが負担に感じてくるものです。

付き合いはじめはともかく、ある程度長い付き合いになったら、徐々にメールでのやりとりは減らしていってもいいでしょう。

毎日メールをするのを辞めるだけで、お互い負担はぐっと減ります。

まずは1日に1回ぐらいに減らしてみて、その後、3日に1度のやりとりぐらいにしてみると、お互い良い距離感を保てるようになるでしょう。

1週間に2度のメールのやりとりになりますね。

それならばお互い寂しいと感じることもないでしょうし、意味のないメールではなく、なにかしら報告や伝えたいことだけをメールに盛り込むことができるでしょう。

休日のみの1週間に1度

お互い仕事をしている大人同士のカップルならば、忙しい平日のメールはなくしてもなんら問題はないでしょう。

メールが送られてくれば、「返信しなければ」という気持ちが働いて、集中力が落ちたり負担に感じる人もいます。

ですので、気持ち的にもゆとりがもてる週末の休日だけメールを送るといいでしょう。

次のデートの約束や予定をたてるのにもいいでしょうし、彼女の仕事の邪魔にならないか不安に思わずにメールをできるのでお互いにとってメリットがあります。

時間的に余裕がない時は気持ちにも余裕がもてません。

そんな時に相手からメールが来ればそれだけでイライラしてしまう人もいるでしょう。

恋愛にとってそれはデメリットです。

週末だけのメールならばお互い気楽にやりとりができます。

連絡がマメでないなら2週間に1度

マメではない恋人を持った場合、必要以上にメールを送っても相手は返信してくれませんし、こちらがイライラしてしまうだけです。