距離を置くのは恋愛の大切なスパイス!メールはどのくらいの期間をあけるべき?

恋愛において「距離を置く」というのは、実はとても大切なことだったりします。

離れたからこそ分かる、ということもあるかもしれません。

でも距離を置くと言っても、「メールだけはしようね」というカップルだっていますよね。

では、距離を置いている彼女とメールするのはどれくらいの頻度にすればいいのか、ご紹介します。

スポンサーリンク

毎日のメールをやめて3日に1度

毎日、朝、昼、晩、3通以上のメールのやりとりをしていたら、お互い、あるいはどちらかが負担に感じてくるものです。

付き合いはじめはともかく、ある程度長い付き合いになったら、徐々にメールでのやりとりは減らしていってもいいでしょう。

毎日メールをするのを辞めるだけで、お互い負担はぐっと減ります。

まずは1日に1回ぐらいに減らしてみて、その後、3日に1度のやりとりぐらいにしてみると、お互い良い距離感を保てるようになるでしょう。

1週間に2度のメールのやりとりになりますね。

それならばお互い寂しいと感じることもないでしょうし、意味のないメールではなく、なにかしら報告や伝えたいことだけをメールに盛り込むことができるでしょう。

休日のみの1週間に1度

お互い仕事をしている大人同士のカップルならば、忙しい平日のメールはなくしてもなんら問題はないでしょう。

メールが送られてくれば、「返信しなければ」という気持ちが働いて、集中力が落ちたり負担に感じる人もいます。

ですので、気持ち的にもゆとりがもてる週末の休日だけメールを送るといいでしょう。

次のデートの約束や予定をたてるのにもいいでしょうし、彼女の仕事の邪魔にならないか不安に思わずにメールをできるのでお互いにとってメリットがあります。

時間的に余裕がない時は気持ちにも余裕がもてません。

そんな時に相手からメールが来ればそれだけでイライラしてしまう人もいるでしょう。
恋愛にとってそれはデメリットです。

週末だけのメールならばお互い気楽にやりとりができます。

スポンサーリンク

連絡がマメでないなら2週間に1度

マメではない恋人を持った場合、必要以上にメールを送っても相手は返信してくれませんし、こちらがイライラしてしまうだけです。

メールのやりとりにマメかどうかは、付き合ってしばらくしてからでなければわかりません。

誰しも、付き合いはじめや、付き合う前はとてもマメに接するからです。

付き合ってしばらくしてから、突然メールの返信が遅くなり、「どうして!?」と不安になる人もいるでしょう。

ですが、それが本来の彼女の連絡をとりあうペースなのです。

そういう、連絡をマメにとりあうのが苦手な相手の場合、2週間に1度ぐらいのメールのやりとりでも充分です。

メールのやりとりは少なくても、会う約束はきちんとして、デートをしっかりしていれば、付き合っているという感覚は保て、不安にもなりません。

忙しい彼女なら1ヶ月に1度

長年の付き合い、あるいは、彼女が仕事などで猛烈に忙しい時期、メールを頻繁にやりとりするのは諦めたほうがいいでしょう。

1ヶ月に1度のメールでいいや、ぐらいに思っていれば、こちらも自分のやりたいことで予定を埋めることができます。

そのほうが彼女からのメールを待ち続けるよりも精神衛生上いいでしょう。

「ひと月に1度はメールしようね」と約束しておくといいでしょう。

それぐらいなら彼女も約束を守ってくれるはずです。

メールのやりとりをしないと、そのぶん、彼女は「いま○○はなにしてるのかな?」「誰と休日を過ごしてるんだろう?」とあなたのことが気になってくるものです。

頻繁に自分の情報をメールで送り続けるよりも彼女の気をひくことができるでしょう。

マンネリ気味のカップルも少し連絡を控えてお互いの活動領域を増やしたり新しい友人を増やすことで、相手に刺激を与えることができます。

以前より減らすこと!

4つのメール頻度をご紹介しましたが、判断基準はもともとのあなたと彼女のメール頻度です。

毎日メールをしていたのなら3日に1度にする、3日に1度していたのなら週に1度にする、など頻度を減らすことが大切です。

以前よりもメール頻度が減ることで彼女も距離を置いている実感も湧きますし、距離を置いたことの効果も表れるはずですよ。