家賃以外にもいろいろ必要!同棲でかかる生活費はどのくらい?

同棲するとなると、一番最初に考えるのが生活費ですよね。

いったいどれくらいかかるのか、想像も付かない人もいるのではないでしょうか?

家賃は不動産に行けば値段が分かりますが、食費や光熱費は実際に生活してみなければわかりませんよね。

そこで今回は、彼氏との同棲を始める方に少しでも参考になるように、おおまかな生活費の金額をご紹介します。

スポンサーリンク

食費:3~4万円

朝昼晩と毎日自炊をすると大体平均が4万円程です。

節約をしても3万円弱程です。

「食費」なのでこの3万円にはラップやお米、調味料も含まれています。

節約をしても毎月3万円弱程ということは大まかに考えると1日1000円という計算になります。

「3万円じゃやっていけない!」と思った方は普段外食が中心だったり、自炊をほとんどしない方です。

外食に行くとハンバーグやごはん、汁物、付け合せで1000円以上します。

反対に考えてみれば自宅で外食の時と同じメニューを作ると1000円以下で収まります。

なので、もやしなどの安い食材しか食べられないような節約ではなく、献立の組み方や無駄買いをしなければ食費はかなり抑えられます。

雑費:3,000円

雑費とはシャンプーやリンス、洗濯洗剤やトイレットペーパーなどのことを言います。

雑費は同棲中であっても月に3000円程が平均とされます。

トイレットペーパーは高い物でなければ12ロール入りで300円以内で購入することができ、月に12ロール前後程しか使用しません。

そして洗濯洗剤の値段も様々ですが、500円以内で購入することができ2人暮らしであれば月に2回程しか購入しません。

どこからどこまでを雑費として利用するかは様々ですが、2人で使用する物のみを雑費とした場合であれば月平均3000円程で充分です。

個人的に使用するムダ毛処理用品、生理用品や整髪料などを雑費として使用すると毎月1万円程ないと足りません。

スポンサーリンク

光熱費:2万円

光熱費とは水道、ガス、電気のことを言います。

光熱費は季節によって金額の変動がありますが、平均2万円程です。

夏は冷房や扇風機などの家電を利用する為電気代が春や秋に比べて少し高くなります。

ですが、気温が高くて暑いのでお風呂にお湯を溜めたとしてもシャワーの使用時間が短く水に近い温度で使用するためガス代は安くなります。

ですが冬は暖房やファンヒーター、電気カーペットなどを様々な暖房器具を使用するため夏よりも電気代が高くなります。

冬はお風呂にお湯を溜めても上がった時や湯船に浸かる前は寒く、シャワーで熱いお湯を長時間使用することでガス代が夏の倍程の料金になります。

体が温まるまで長時間シャワーを利用するという事は水も必要になってきます。

なので冬は水道代とガス代が夏よりも倍高くなることを覚悟しておくと良いです。

携帯代:1万円

「生活費なのになんで携帯代?」と思った方も多いと思います。

結婚を前提に同棲をされる方の中には、同棲を機に同じ携帯ショップの機種にし、携帯代を安くするカップルが最近増えています。

同じ機種にし、プランを下げる事で2人の携帯代が2人で平均1万円弱程になります。

結婚前提で同棲するカップルであれば将来のために生活費を少しでも抑えたいものです。

一緒に住むことによって以前よりも毎日の頻繁なメールや電話がなくなることで携帯の機能が必要最低限で済んでしまうようになります。

なので自分達に合っている安いプランにし、不必要なお金を払わないようにすることで携帯代が安くなり、毎月の生活費でもある携帯代が安くなります。

同じ携帯ショップにしておく事で結婚をすれば「家族割」というさらにお得なプランに変更できるため、携帯代という生活費を抑えられます。

合計:7万円

あくまで同棲カップルの平均金額ですが、合計すると約7万円になります。

想像よりも高かったでしょうか?それとも低かったでしょうか?

契約する部屋の家賃とこの7万円を合計して、月にかかる費用を算出してみましょう。