彼女に浮気された…!許すべきか迷っている時の判断基準とは!?

信じていた彼女の浮気が発覚。

彼女は「許して」と言ってくるけれど、浮気は繰り返すとよく聞くし、許していいものか迷いますよね。

また浮気されたらどうしようと不安になる気持ちも分かります。

そこで今回は、彼女の浮気を許すかどうか迷った時の判断基準をご紹介します。

許すか別れるか考えるときの参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

浮気の原因が自分にあるのか

彼女のした「浮気」だけを焦点にしてしまえば、大抵の男は簡単に許せないでしょう。

ただそこに隠された原因を知れば、考え方を変えることができるもの。

例えば浮気の原因が「彼氏の愛情不足によるもの」「彼氏が会ってくれないから」という理由であったのなら、その経緯をきちんと見てあげることが大事。

実際に寂しい思いをさせたり、不安を持たせてしまったのは自分であるため、自分にも悪い所があったと認めて許すことも選択肢に入れましょう。

彼女の浮気が彼氏への不満によるものであったのなら、今後彼氏が少しでも変わることで、二度と浮気しない可能性も十分にあります。

許すこと=自分も成長することと捉えて、彼女の一度の浮気を許してあげることもできるでしょう。

何度目の浮気なのか

発覚した浮気が一回目の浮気であれば、「次はない」という理由で許すことはできるでしょう。

自分が悪かったという理由があったり、魔がさしたという理由であれば、チャンスを与えるという意味で許してみるのも選択肢です。

ただ、今回の浮気が二度目、または数回も繰り返しているものならば、許さずに突き放すことも必要です。

何度も繰り返しているのであれば、その都度許してきてしまっているため、「浮気しても彼は大丈夫」という認識を持っている可能性もあるのです。

要は彼女を甘えさせすぎてしまったという結果の浮気。

彼女自身を変えさせるためにも、自分が甘く見られないためにも、許さずに突き放すという決断も必要でしょう。

彼女も「許されなかった」という現実を知れば、少しは更生してくれるかもしれません。

スポンサーリンク

自分の浮気のボーダーラインを越えているのか

人それぞれ「浮気」と呼ぶボーダーラインは違いがあります。

二人きりでいるだけで浮気と言う人もいれば、体の関係を持って初めて浮気だと言う人など、浮気における価値観は人それぞれです。

もし彼女の浮気が、自分の浮気のボーダーラインを越えているなら許さない、越えていなければ許してあげるという判断もできます。

彼氏の浮気のラインが「キスをしたら」だった場合に、彼女が他の男性と二人きりでデートをした、しかしキスはしていないというケースは、許すという判断を下すのです。

「浮気をしてしまった」という彼女の言い分は、彼女の中の浮気のボーダーライン。

このケースで言えば恐らく「デートをした」が彼女の中で浮気に当てはまってしまうのでしょう。

「デートをした」は自分の浮気の範囲に入らないと考えることができるのなら、今回は許すと判断しても良いでしょう。

彼女を失いたくないなら許すしかない

どんなに好きな彼女であっても、浮気をされてしまえば信用がなくなってしまいます。

ただここで許さないという選択をした場合には、彼女と一緒にいることができなくなるということ。

つまり自ら彼女を手放すことになり、失うことを意味しています。

浮気されたことよりも、一緒にいられなくなる現実が辛いと感じるのであれば、浮気は許してあげるしかないでしょう。

許すことで、一緒にいられる、仲直りできる、今後も継続できるという安心感が勝るのであれば、浮気を許さないという選択はできません。

今後も浮気をされたことによって自分が不安になったり彼女を疑ってしまう日々が続くかもしれません。

しかしそれすらも受け止め理解してあげないと、一緒にいることは無理に等しいのです。

浮気した彼女と今後も一緒にいたいか?

結局は浮気した彼女と一緒にいたいかどうか、なのです。

浮気をされてもまだ好きなのであれば許してあげるしか道はないし、浮気をされたことで気持ちが冷めたのなら別れるのが正解です。

あなたの気持ちに正直になって、考えてみてくださいね。