彼女がプロポーズに期待しているかを見分ける方法!4つの「期待してるサイン」とは?

人生でたった一度のプロポーズ。

逆プロポーズなんて言葉もありますが、やはりまだまだ男性からのプロポーズが多いのも事実です。

でもプロポーズなんてよっぽどの自信がないとできませんよね。

自分は彼女と結婚したいと思っていても、彼女の気持ちはどうなんだろうと不安になる方も多いと思います。

そこで今回は、彼女があなたのプロポーズを期待している時に出すサインをご紹介します。

プロポーズしようか迷っている男性は、ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

「もう〇年になるね」と二人の思い出を振り返る

彼女と会話をしている時、彼女がうれしそうに、「付き合うようになって、もう〇年になるね」と言ったら、それが「あなたからのプロポーズを期待してます」というアピールである可能性があります。

女性はストレートに、「あなたと結婚したい」という表現はしません。

できるだけ遠回しに彼氏に自分の思いを伝えようとするのが、女性心理というものなのです。

「もう〇年になるね」というセリフには、「もうこれだけの時間、いっしょに過ごしてきて、今もこんなにうまく行ってるのだから、そろそろゴールインしてもいいんじゃない?」という本音が隠されているケースが少なくありません。

特に、そのセリフの後で、これまでの二人の交際の「歴史」を振り返り、なつかしい思い出話を始めるようなら、「だから、結婚したいの」という気持ちのアピールである可能性は、決して低くないでしょう。

彼女の期待度はかなり高いと考えられるのです。

あなたの親のことを知りたがったり会いたがったりする

女性は、結婚を意識すると、相手の男性の親のことが気になるようになるものです。

女性にとって、結婚後の舅や姑との関係は、人生のおける大きなテーマ。

「彼氏の親とうまくやっていけるか、相性はどうなのか」を大いに気にします。

ですから、もし、彼女とある程度長い付き合いになって、彼女があなたの親のことを知りたがったり、会いたがったりするようになったら、それが「プロポーズを期待してます」というサインである可能性があるのです。

それまで、親のことなど関心を示さなかったのが、妙にひんぱんに親に関する質問をするようになったら、「結婚」の意識が彼女に芽生えていることが考えられるでしょう。

また、ふつう、女性は交際中の彼氏の親に積極的には会いたがらないものですから、「会わせて」と求めてくるようなら、その意識は強いと考えていいでしょう。

スポンサーリンク

結婚した友人や知人の話をして「うらやましい」と言う

プロポーズを期待しているのに、交際中の彼氏がなかなかプロポーズしてくれない場合、女性は彼氏になんとか結婚を意識させようとします。

そのため、結婚した友人や知人の話を持ち出し、二人がどんなに幸せなのかを話し、「うらやましい」と訴えるケースが少なくありません。

その言葉の裏には、「自分も幸せになりたい。結婚したい」という本音があると考えていいでしょう。

特に、二人の共通の友人や知人の話をして、しきりにうらやましがる場合は、プロポーズの期待度はかなり高いと考えられます。

自分も知っている人の幸せぶりを聞かされれば、鈍感な男性でも結婚を意識しないわけにいかないでしょう。

彼女の狙いはそこにあるのです。

これは、かなりわかりやすい「期待してるサイン」と言っていいでしょう。

「子ども大好き」をアピールする

男性は「結婚」と「子ども」を結び付けて考えることをあまりしません。

もちろん、結婚することになれば、「子どもはどうする?」というテーマを持つようになりますが、結婚を意識していない段階で、「もし、交際している彼女と結婚をしたら、子どもはどうしようか」を考えることはないのです。

その点、女性は「結婚」と「子ども」をセットのように考える傾向があります。

ですから、「期待しているのに、彼氏がなかなかプロポーズしてくれない」と思っている場合、「子ども」のことを話題にして、彼氏に結婚を意識させようとすることが少なくありません。

デート中に出会った子どもや、小さな子どものいる家族連れなどを見た時、しきりに「子どもって、かわいいね」など、子ども好きであることをアピールするようなら、それが「あなたのプロポーズを期待してるサイン」である可能性があるのです。

「結婚したい」を言えない女性が多数!

女性から「結婚したい」とはなかなか言えません。

どうしてもあなたからのプロポーズを待ってしまうものです。

もし彼女にここでご紹介した4つの兆候が表れているようであれば、ぜひあなたからプロポーズしてあげてくださいね。