彼氏と始める同棲生活!家賃や生活費の負担割合はどうする?

彼氏との同棲をスタートしようとしているあなた。

同棲にかかる費用はすでに計算しているでしょうが、どちらがどれだけ負担するかということを彼氏ときちんと話し合っていますか?

お金の問題でケンカになってしまっては、せっかくのラブラブな同棲生活も台無しですよね。

そこで今回は、それぞれの項目ごとにおすすめの負担割合をご紹介します。

スポンサーリンク

家賃などの固定費はできるだけ割り勘!

カレとの同棲で必ず支払わなくてはならない家賃。

カレとの結婚を視野に入れている同棲であれば、同棲する前に自分達に見合った家賃の所を探し、「割り勘」することがお互いが無理なく長く暮らせると思います。

例えば8万円の家賃であれば4万円ずつ支払い、8万5000円であれば4万円をあなたが支払い、カレが4万5000円を支払うことでお互い無理なくその場に住めます。

もし、カレが家賃を全額支払ってくれると言うのであれば、あなたが他の所で家賃相応の金額を支払えば問題はないです。

家賃の支払いは毎月しなくてはならない支払いなので、同棲する前にカレと家賃の支払いの相談をキチンとしてから同棲を始める事をオススメします。

光熱費は1円単位での割り勘がおすすめ!

光熱費とは水道代、電気代、ガス代の事を言います。

光熱費は季節によって使用料金が変動して来ます。

なので、熱費は毎月割り勘にすることが良いでしょう。

家賃は毎月支払い額が同じですが、光熱費は毎月支払い額が違います。

毎月支払い額が違うのに、家賃のようにだいたいの割り勘であなたよりも少し多めにカレが支払ってしまうと出費の面でカレにかなりの負担がかかってしまいます。

なので光熱費は1円単位でキッチリと割り勘して支払う事をオススメします。

カレと光熱費をキッチリ割り勘をして支払う事で毎月の光熱費の使用料金が把握でき、使い過ぎや前月よりも安いことに気がつき光熱費の節約も自然と行えるようになります。

ガス屋によって使用料金の値段が異なるのでガス屋も調べる事をオススメします。

スポンサーリンク

食費は共通のお財布で管理しよう!

生活費というと「食費」ですよね。

食費は毎月いくらまでと決めてカレと半分ずつ出し合い、あなたが管理することが1番良いでしょう。

食費を曖昧にしてしまうとどちらかの支払いが多くなってしまいます。

例えば食費をきちんと決めずになあなあに食材などの買い物をしてしまうと、買い物に行く方の出費が増えてしまいます。

なので、半分ずつ出し合った食費をあなたが食費用のお財布で管理することにより、「今月はあといくら使用できる。」、「今月は使い過ぎたかな」と分かるようになり、食費を最低限に抑えられるようになります。

食費は毎月最低限に抑え、カレとの外食は食費からではなく、個々のお財布から支払う事で食費の使い過ぎを無くせます。

生活雑貨はあなたが負担してもいいかも!

生活費(生活雑貨)は全てあなたが負担すると良いでしょう。

トイレットペーパーや食器洗剤、洗濯洗剤などの生活雑貨はあなたが負担することでカレと対等になります。

家賃を少し多めに支払ってくれるカレであれば生活費はあなたが支払うことでお互い無理のない生活が送れます。

トイレットペーパーや洗剤などは毎月それほど大きな出費はないのであなたも無理なく支払うことができます。

最近ではポイントカードの発行を行える店舗が増えてきているので、よく利用する薬局やスーパーなどのポイントカードを作っておくと、利用するごとにポイントが貯まり生活費が少し安く済むのでポイントカードの発行はかなりオススメです。

生活雑貨代も毎月決めておくと良いでしょう。

何事もできるだけ平等が大切!

おすすめの負担方法をご紹介しました。

お互い無理なく同棲生活を続けるためには、やっぱり負担額もできるだけ平等にするべきです。

もちろん収入に差があれば、割り勘は難しいかもしれませんが、その場合はあなたが家事を多めにするなどして調整しましょう。