同棲と結婚の違いとは?プロポーズする前にきちんと理解しておこう!

同棲中の彼女と結婚を考えている男性も多いのではないでしょうか?

そんな時に考えてほしいのが、そもそもの同棲と結婚の違いです。

苗字が同じになるだけ…と考えていませんか?

同棲と結婚の違いについて4つご紹介しますので、結婚を迷っている方はぜひ参考にしてくださいね。

お金の管理方法が違う

同棲と結婚では、まず生活費などのお金の管理方法や考え方が違います。

同棲を始めると最初に決めるのは生活費の出し方です。

同棲中の生活費の出し方はもちろん個々のカップルによって違いますが、基本的には折半か収入の多い方が多めに出すといったところでしょう。

そして、自分の趣味、娯楽などにかけるお金はお互いに自分のお財布からなので、何に使っても何を買っても口出しをすることはできません。

基本的には、お財布は別々という考え方です。

しかし、結婚となると基本的にはお財布は一つという考え方に変わります。

生活費は、夫側のお金から出していくことが一般的には多いです。

しかし、夫や妻は自分の趣味にかけるお金が自分のお財布からだという理由で無制限に使えるものではありません。

お財布が二人で一つのものになった以上、自分の口座に貯めていたお金であったとしても使う時は相手に確認を取るようにするのが夫婦円満の秘訣です。

個々の時間の使い方が違う

同棲を始めると家事を分担することができるので、一人暮らしをしていた人にとってはメリットとなります。

結婚生活においても、共働きであれば家事の分担をする夫婦は多いものです。

このように、同棲生活も結婚生活も仕事などが忙しくてもお互いに気遣いがあれば家事を分担することで負担を軽減させることができます。

では、自分だけの自由な時間についてはどうでしょうか?

同棲の場合は、自分の自由な時間は彼女に迷惑をかけない程度に、一人で出かけたり、趣味に費やしたりすることができます。