なかなかタイミングが掴めない!同棲から結婚するきっかけって?!

彼氏と同棲中でそろそろ結婚したいと考えているあなた。

やっぱり女性からは結婚ってなかなか切り出しにくいですよね。

彼氏からのプロポーズを待ってしまうと思います。

でもいつまでもダラダラと同棲しているわけにもいきませんよね。

そこで今回は、同棲中のカップルが結婚するきっかけとなった出来事をご紹介します。

スポンサーリンク

妊娠したことで責任感が芽生えた

同棲生活をしていることで、ある日突然「妊娠した」と判明することがあります。

同棲しているケースで結婚へのきっかけとなるもので多いものが、この「妊娠」です。

基本的に、同棲をするにあたって、将来的に結婚しようと思っているカップルだったり、結婚前にとりあえずお試しとして生活をしてみるというカップルが多いでしょう。

そんな中妊娠したことが分かれば、大抵のカップルは結婚を考えるでしょう。

それまで結婚という現実から目を背けてきた男性であっても、彼女のお腹の中に新たな命が宿っていることを知れば、「守ってあげなければ」という思いが芽生えてくるもの。

その気持ちの変化や責任から、妊娠をきっかけに結婚に至るケースが多いでしょう。

同棲前に決めたリミットが近づいた

同棲をするにあたって、「1年間同棲をしてみよう」と期限を予め設定するカップルもいます。

女性の場合は、「ダラダラと同棲を続けたくない」「同棲するからにはいずれ結婚を」という考えを持っている人が多いため、二人の同棲のリミットを設定しておく人もいます。

このように予め設定しているカップルにおいては、そのリミットをきっかけに結婚に進展するケースがあります。

「同棲のリミットが来たけど今後どうする?」と、その後の二人について話し合いをしたり計画を立てたりするようになります。

リミットが来たことで、「別れる」「解消する」という選択をする人もいますが、その後も一緒に付き合っていきたいと思う気持ちがあれば、「結婚しても問題ない」と捉える人が多いのです。

結婚に焦りを感じている人や、ダラダラとした付き合いをしたくない人は、同棲の前にリミットを設けておくと良いかもしれません。

スポンサーリンク

同棲していることを両親に報告した

二人の間で「まだ結婚はいいか」という思いでいても、自分たちの親からは反対されてしまうケースがあるでしょう。

特に娘を持つ親は、「同棲するくらいなら結婚しなさい」と結婚を勧めるケースもあります。

二人の中に結婚の意思がなかった場合でも、両親に「彼と同棲している」と伝えたことがきっかけで、結婚を意識することもあるのです。

私自身も彼氏と同棲をした際に、「彼と同棲している」と伝えたところ、「順番が違う」「世間の目もある」と言われたことがあります。

「結婚をするなら問題ない」という両親世代の感覚では、同棲した後に破局を迎えることに抵抗があるのでしょう。

このように自分たちに結婚の意思がなくても、結婚するきっかけは訪れることがあります。

特に両親に報告する際には、「結婚するんでしょ?」と言われる覚悟で伝えるべきです。

別れ話が結婚へのきっかけになることも

同棲を長くしているけど結婚する予定が無かったり、彼氏から結婚の「け」の字も言われないとなれば、別れた方が良いのかなと考える女性は多いでしょう。

悩みに悩んだ末、このままでは展開が期待できないと思い別れを切り出した途端、彼氏の中の意識が変わり、結婚に至る珍しいケースもあります。

彼氏の中では、同棲していることで安心感があり、また彼女との別れなんて考えても見なかったことでしょう。

そんな時に「別れよう」と言われてしまえば、「このままじゃまずい」と危機感を持つものです。

彼氏も彼女のことを大切に思っていながら、なかなかきっかけを掴めずにいたり、タイミングを逃してしまっている可能性もあり、別れ話がきっかけになって結婚を進めるパターンもあります。

方法やタイミングが思いつかない場合は、別れ話も一つのきっかけとして活用してみるのも悪くありません。

結婚はタイミングが大事!

同棲からスムーズに結婚に至るのは意外と難しかったりします。

もともと一緒に生活しているので、結婚はまだいいかなと彼氏に思われてしまう可能性が高いのです。

そのため、上記のタイミングが訪れたときにはそのタイミングを逃さずに、しっかりと結婚に結び付けてくださいね。