結婚に失敗したくないけどマンネリ化も避けたい…!同棲から結婚までの理想の期間とは?

大好きな彼氏との同棲。

それはとても嬉しいでしょうが、しっかりとその後の人生プランを考えていますか?

ただやみくもに同棲していては、その後ずるずると付き合うだけです。

同棲前にはしっかりと、結婚までの期間を定めておきましょう。

そこで今回は、同棲から結婚に至るまでのベストな期間をご紹介します。

スポンサーリンク

同棲期間数ヶ月:後悔することも

同棲から結婚までの妥当な期間は「1年から2年」です。

「あまり短い期間で結婚してしまうと、後悔することが多い」というのが、その理由の1つです。

同棲を開始するときは、言うまでもなく、かなりラブラブな関係にあるわけです。

お互いがお互いに強い恋愛感情を感じていなければ、そもそも同棲などしません。

同棲開始した時は、ですから、ラブラブ関係の絶頂にあると考えていいでしょう。

その状態は数か月はまったく変わらず続きますし、いっしょに暮らすことで、ラブラブ度がさらに高まることもめずらしくありません。

しかし、その状態が永遠に続くことはありません。

ですから、同棲期間があまりに短く、数か月で結婚してしまうと、結婚したあとで気もちが冷めた時に、「こんな人だとは思わなかった」と後悔するケースが少なくないのです。

もう少し期間を伸ばし、相手の人間性などをよく見定めてから結婚したほうが賢明でしょう。

同棲期間1年:生活も関係も安定する

同棲期間も1年になると、いろいろな意味で安定してきます。

お互いの気持ちが落ち着くということもありますし、二人の関係が安定し、生活そのものも安定するに違いありません。

同棲を1年継続できたということは、現在の収入で、2人で無理なくやっていけているということです。

もちろん、将来のことを考えれば、より多くの貯蓄をする必要はあるでしょうが、とにかく、毎月、家賃や生活費を払って、きちんと生活できているわけです。

つまり、このまま結婚しても、経済面で大きな問題は生じません。

また、二人の生活も、1年経てば、「ふつうの日常」になっていることでしょう。

2人の住まいに安らぎを感じるようになってもいるに違いありません。

ですから、精神的にも、自然に結婚生活に移行できるのです。

スポンサーリンク

同棲期間2年:恋愛感情が残ったまま信頼関係が深まる

同棲期間がもう少し長くなり、2年ぐらいになると、2人の関係はさらに深まります。

2年の期間の中には、さまざまな出来事があったことでしょう。

何らかの障害があらわれることもあったかもしれませんし、大きなケンカをしたかもしれません。

それを2人で乗り越えてきたのが、2年という時間なのです。

そうした経験を通じて、お互いの絆が強まっただけでなく、人間としての信頼関係も深くなっているに違いありません。

また、2年も同棲していると、お互いの親にも合ってあいさつしたり、親も同棲を認めてくれているケースが多いことでしょう。

ですから、結婚する場合、親の承諾を得やすくなっているわけです。

さらに言うと、同棲期間2年だと、まだ、お互いの恋愛感情がしっかり残っているものです。

つまり、適度なラブラブ状態で結婚できるということになるのです。

同棲期間3年以上:関係がマンネリになって飽きる

個人差はもちろんありますし、ケースバイケースではありますが、人間の恋愛感情はせいぜい3年か4ぐらいしか続かないといわれています。

ですから、同棲期間があまり長くなると、恋愛感情がなくなった、冷めた関係になりやすいのです。

そういう関係になってしまえば、「今さら、結婚なんて考えられない」ということになるでしょう。

関係がマンネリ化して、気持ちが冷め、ほかの人に目移りしやすくなるわけです。

実際に、同棲期間が3年を超えると、別れてしまうカップルが少なくありません。

同棲でない場合、交際期間3年以上で結婚するケースはたくさんありますが、同棲の場合は、交際期間があまり長くなると、「結婚するに至らない関係」に変化してしまうと考えていいでしょう。

同棲期間の理想は1~2年!

マンネリ化もせず、離婚にもつながりにくい同棲期間の理想は1~2年だと言えます。

1年一緒に暮らしてそこから一緒に結婚準備に取り組むのもいいですね。

短すぎても長すぎても良くありません。

同棲前にはしっかりと、彼氏とその後の計画を話し合いましょう。