同棲の準備にかかるお金は高額!彼女との負担割合はどうするべき?

彼女との同棲準備真っ最中のあなた。

物件の契約や引越し料金、家具家電代など、かなり高額な出費になりますよね。

できれば彼女にも折半してもらいたいけど、世の中のカップルはどうしているのか気になりませんか?

そこで今回は、同棲生活の準備費用について、彼女とどのように負担すれば良いのかをご紹介します。

同棲の費用は折半することが基本

全く新しい物件を彼女と探し、同棲するという場合においては、物件を契約する初期費用から引っ越し代金に至るまで、多額の金銭の負担が必要となります。

その金額は数十万円から、場合によっては百万円単位ということになるため、これをどちらかが一方的に負担することは極めて困難です。

これまでのデートではお金を男性が全面的に負担してきたという場合であったとしても、同棲にかかるお金は50%ずつの割合でお互いに負担しましょう。

ここで無理をしてしまうと金銭的な破綻を招き、せっかくの新生活を満喫することができなくなってしまいます。

この点に関しては金額が金額ということもありますから、普段おごられ慣れている彼女であったとしても必ず理解を示してくれます。

家具や家電はどちらかが持ち込む

お互いが一人暮らしをしているという場合には、同棲に向けて同じ家具や家電を二つ持ち込んでも何の意味もありません。

テレビや冷蔵庫、洗濯機、掃除機といった家電や、ソファやベッドをはじめとする家具類は、お互いに協議をしてどちらか一つを選んで持ち込みましょう。

どちらかの家具や家電が不要になった場合には、リサイクル店やネットオークションで売却すれば、ある程度まとまったお金を手にすることができます。

そのお金は半々の割合で分けて、同棲で必要となる物件の契約時等に使う初期費用の一部に充てると経済的です。

どちらか、あるいは双方が実家暮らしをしているのであれば、持ち出せる家具や家電について事前に話し合い、なるべく新しい買い物をせずに済むようにしてください。