同棲のお金の管理は別々?まとめる?それぞれのメリット・デメリット!

もうすぐ彼女との同棲!

一緒に家具家電を選んだり、おそろいの食器を購入したり、準備も楽しみのうちですよね。

でも同棲生活で一番大切なことはお金の使い方です。

お金に困ると余裕もなくなってケンカにつながることも。

そこで今回は、同棲でのお金の管理についてお話します。

別々のメリット:自由にお金を使える

同棲相手とのお財布を別々にして、それぞれでお金を管理すれば、基本的には同棲前と同じ感覚でお金を使えることがメリットとなります。

二人で共同のお金としてまとめてしまうと、どうしても交際費や趣味にかけるお金を持ち出しにくくなってしまいますから、それによってストレスを感じることも増えます。

遊びたくても遊びに行けないという環境に追い詰められてしまうと、それまでに築いてきた人間関係や遊び方を考え直さなければならなくなってしまう場合があります。

その点、お金を別々に管理すれば、縛られることなく自由にお金を使うことができます。

それは彼女にとっても同じことですから、彼女も金銭的な問題で不満を感じることが減り、ケンカが起こりにくくなるというメリットを得ることもできます。

別々のデメリット:お金が貯まりにくくなる

同棲相手とのお金の管理を別々にすることによって、それぞれが自由にお金を使うことにより、歯止めが利かなくなってしまう場合があります。

家賃や光熱費を折半することで確かに支出は減りますが、その余裕がむしろ悪い方向へと向かわせてしまうキッカケとなることがあります。

「困ったら彼女が払ってくれるだろう」「これは彼氏が払ってくれるだろうし、使っちゃっていいか」という風に気持ちが大きくなり、散在してしまうケースは多いのです。

そうなってしまっては以前よりもお金が貯まりにくくなってしまいますから、将来に向けた結婚資金を貯めることが難しくなってしまいます。

彼女と真剣に結婚を考えているのであれば、お金を別々に管理することはデメリットになる可能性も高いのです。